カテゴリー     - ルール -

スポンサーサイト 
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
近年の基本ルール 
ルール | TOP ▲
三木式免疫療法を紹介した書籍は阿部進氏のものと宮本美智子氏のものがありますが、いずれも8年~12年前の著作なので、最近の事情はなかなか分かりませんでした。しかし、幸運なことに、ここ1、2年の間、実際に診療所を受診している数名の方にお話を伺う機会があり、実践を続ける上で貴重な情報を得ることが出来ました。

伺ったお話をまとめると下記のようになると思います。
基本は書籍の内容と変わらないようですが、小松菜の量が具体的なのと、バターの摂取については大きく変わっているようです。三木式免疫療法の内容も年々進化しているようです。

1、運動が大切。目安は1日1万歩。
 (血糖値を下げるため。何回かに分けて歩くのが好ましい。)
2、水と塩の摂取
 (血液をさらさらにする。塩は自然海塩に限る。
  水の量は2~4リットル。塩水の濃度は0.2%~0.5%。
  水及び塩の量は気温等により適宜加減する。)
3、エネルギー源は、オリーブしそ油か紅花油でとる
 (バターはおやつ程度にとる。
 取り過ぎると気持ち悪くなったり、太ることがあるらしい。)
4、小松菜の葉をたくさん食べる
 (1日で小松菜の葉のみ3把以上摂取すること。)
5、たんぱく質は1日100g~200g
 (生の状態で計ること。量は運動量により加減する。)
6、1回の食事は腹5分目とし、1日6回以上に分けて食べる。
7、ご飯、イモ、たけのこ、牛乳、乳製品等、糖分の多いものは避ける。
 (※たけのこ、牛乳、乳製品は意外と糖分が多い。)
8、下剤と活性炭を飲む
 (下剤は「炭酸マグネシウム」か「酸化マグネシウム」を服用。)



無責任なようですが、あくまでも伝聞情報です。
私は信じていますが、責任は持てません。
私自身の実践のための覚書ですので、悪しからずご了承下さい。




私の場合どの程度実践出来ているかというと、かなり厳密にやっているときで、

1、1日1万歩 → OK (散歩6千歩+ステッパー30分、のことが多い。)
2、水と塩の摂取 → OK (0.5%の塩水を3~5リットル摂取。)
3、エネルギー源は油で → OK
4、小松菜の葉1日3把分 → NG (大体1日1把。多くても2把。)
5、たんぱく質1日100g~200g位 → OK (1日200g位。過食になり勝ち。要注意。)
6、腹五分&1日6回の食事 → NG (せいぜい腹八分。1日4~6回。)
7、糖分の多いものを避ける → OK
8、下剤と活性炭を飲む → OK (ただし活性炭は飲んでません。)

この位です。
厳密じゃないときは・・・。なんて、厳密でもこの程度、なかなか完璧には出来ません・・・。
スポンサーサイト
[2005/07/12 00:00] | ルール | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。