スポンサーサイト 
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
『アトキンス式低炭水化物ダイエット』  2/2 
参考図書 | TOP ▲
「アトキンス式低炭水化物ダイエット」のことは知っていましたが、アトキンス氏の著作は今回初めて読みました。私自身、糖分の多いものを控える食事をしているので、参考になることもあるだろうと思ったからです。

全体的に大変興味深い内容でしたが、最も印象に残った言葉、それは、

あなたのその常識を疑ってみましょう。あなたは、自分の中に形成された誤った「常識」を当然のことのように受け入れているだけかもしれません。
(159頁、低炭水化物ダイエットは身体に悪い、と言われることについての反論の前の読者への呼びかけ。)

という言葉と、

糖分は発癌物質である。
(189頁、高脂肪の食餌は癌を招く、という多数意見に対して、いくつかの研究を紹介して反論している中での記述。)

という言葉です。


「常識は疑え。」・・・私が一般的な栄養の常識とはかけ離れた「三木式免疫療法」の食餌を実践するなかで、つくづく実感していることですが、アトキンス氏も、言葉は私よりずっと上品で穏やかですが、同じことを読者に勧めているので、思わず笑ってしまうと同時に、やはりこのことは大切なことなのだと実感しました。

あと、糖分についてですが、塩の摂取量にはみんな敏感なのに、どうして糖分の害については気にする人が少ないのだろう? と、感じているので、この言葉にはドキっとさせられました。


この本では、「アトキンス式低炭水化物ダイエット」に対する批判について、最新の研究を交えて分かりやすく説明されています。その多くは、いわゆる「常識」を覆すものですので、痩せることに興味のない人も、自分の健康のために、何をどのように食べるか、を考えるうえで、非常に有益な内容なのではないかと思いました。

糖分を控える食餌をしている私としては、このダイエットが広まって、いつの日か、「低炭水化物」の食事が世の中の「常識」になることを願っています。(笑)



なお、『アトキンス式低炭水化物ダイエット』の基本情報は昨日のログに記載済みです。
スポンサーサイト
[2005/07/14 11:50] | 参考図書 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪やっぱり小松菜不足 | ホーム | 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』  1/2≫
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amynote.blog16.fc2.com/tb.php/5-5c94f6fc
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。